I Can Do It !!

2009年02月18日

健康第一!!

 先日、仕事先の上司でもあり、サポーターの一人でもある方が病気で亡くなりました。

昨年の12月14日の応援バスツアーでは元気に酒を飲み応援にきてくれた彼が病気で亡くなったことは今でも信じられません。

その方との出会いは、ちょうど2年前になります。「スポンサーお願いします」とお願いに行った会社の常務取締役の方です。

初めてあった時は、レースなんて興味ないという雰囲気で、名刺交換するとすぐ「はい、よろしく」と言ってどこかへ行ってしまったような・・・

その後、少しずつ自分のレース活動を理解してもらい、しょっちゅうレースの応援にも来てくださいました。

バスツアーがある時は、先頭に立ってツアー参加者を探してくれたり、応援してくれるスポンサーを見つけてくれたり、アドバイスくれたり、いつの間にか頼れるサポーターの一人になってました。


先日11日の新年会も、参加人数を心配してくれて、病気で自分のことで精一杯のはずなのに病院で知人に参加してくれるよう電話でお願いししてくれたり・・・。


怖そうな顔に似合わず、僕のことを考えてくれ、本当にお世話になりました。


昨年は一回も優勝した姿を見せることができませんでしたが、今年は必ず優勝を捧げなければなりません!! お墓にシャンパンをかけてあげよう!!

 
この場をかりてお悔やみ申し上げます。



posted by 小山圭 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

言葉

 こんなことをふと思いました。

体重を聞かれた時、

「1キロ体重増えました。」 と言うのと 「1キロ体重アップしました。」 の違い。


当然意味は同じですが、なんとなくニュアンス的な違いがあると思います。


まず前者は、ただ単に太ってしまい、脂肪が増えたようなイメージ。

一方後者は、トレーニングなどで筋肉がついて太ったというようなイメージ。


もし、体重を聞かれたら、絶対に後者のように言った方がイメージがいいはずです。

先日、「ちょっと太った???」と聞かれ、「あっ、はい、1キロ増えました。」と答えた時、相手はどう思ったのかな???


同じように、「運転」と言うのと「ドライビング」と言うのとでは、同じ意味でも違う気がします。
「運転」は、ただの移動とか、仕事、交通手段の感じ、「ドライビング」はスポーツ走行、レースなどをイメージしてしまいます。


ん〜、会話にちょっと英語を入れただけで、受け止める側としては丸っきり意味が変わってきます。 
日本語って難しいですね。

posted by 小山圭 at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

日本一辛いラーメン

 かなり前のことですが、ラーメン屋で 日本一辛いラーメンというのを食べました。


「日本一」とつくからには食べるしかないでしょう!! と思い、注文してみました。


辛いものにはちょっと自信があっただけに、「余裕でしょう!世界一辛いラーメンでも持ってこい!!」と意気込んでました。

で、店員さんが持ってきたのはホントに真っ赤なラーメン。

唐辛子がスープに浮かび、一味が山のようにてんこ盛り。

一口食べた瞬間、「これはヤバい」・・・。

一口食べては咳、一口食べては咳。の繰り返しです。隣のお客さんに「大丈夫?辛いの?」と心配されるは、汗が噴き出すはでオーバーヒート状態でした。


これを食べなきゃ「日本一になれん」と思い、必死で食べてました。そして、ようやく、 完食!!

「これでオレも日本一だ!!」と今年のレースに縁起をつけました。


隣のお客さんを盛り上げたのは言うまでもありません。

日本一高い富士山に登ったり、今回の日本一辛いラーメンというラーメンを食べたり・・・。なぜか日本一がつくものに挑戦したくなる僕です。

「日本一」を一つ一つ制覇していけば、近いうち、日本一速い男にもなれるでしょう!!
posted by 小山圭 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

化粧品

 世界一の化粧品消費国は 韓国 らしいです。

と夜中帰って、テレビをつけたらやってました。

韓国の女性は肌がきれいらしいです。
肌のケアも重用視しているからなのでしょう!! 韓国出身のレースクイーンはいるのか分かりませんが、どうなのでしょう???


肌のケアはしもやけの薬を塗る程度しかやったことがない僕。

レーシングマシンにはワックスという名の化粧をマメにやるんですけどね〜。

開幕戦までにF4マシンという女性と早く意気投合しなければ!!


posted by 小山圭 at 06:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

情報量

 僕たちがやっているレースは時速200〜300キロの世界。

ということは、レースをしてない人が時速3キロで歩いているとしたら、その人たちの100倍もの情報量を得れるということです。

そうかんがえると、この100倍もの情報量を得ようとしたら、その人達は僕らの100倍の時間がかかるということです。


かなり無理矢理な考え方ですが・・・。


レーシングドライバーは得をしているのです!!

この情報量を処理する能力の優劣がレシーシングドライバーの素質の一つでもあるでしょうね!!
posted by 小山圭 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。