I Can Do It !!

2009年03月31日

D1GP

 先日の日曜日は、F1GPが開幕しただけでなく、Super耐久シリーズ、D1GPも開幕しました。

ここ福島県のエビスサーキットでD1開幕戦があるという事だったので、D1を初観戦してきました。

ドリフトです。
ルールはいかに派手にドリフトするかです。 ライン取り、ドリフトアングル、エンジン音、スピード、パフォーマンスなどが採点されます。
詳しくは、 「D1」で検索してみてください。


チケットも何も持っていなかったので、行き当たりばったり。入場口でウロウロと「入場料こんなすんのか!?」と思いつつも購入。(汗)

雪がちらつくかなり寒いエビスサーキットで、熱いドリフトパフォーマンスに感動です。

「あんなにタイヤ滑らせて、タイヤもったいない!!」と普通のサーキットレースをやっている人の考え方はなしです。。。

選手の年齢層も30代がほとんどです。

観客は、もちろん素晴らしいドリフトを見せた選手に声援を送るだけでなく、 「高いスピードでドリフトにチャレンジし、これが成功したら高得点!!しかし、失敗してスピン・・・。」という選手にはもっと大きな声援が送られてました。

「おー速いスピードで進入してきた!!おー角度も凄い!!あ〜スピンしちゃった」という選手のレースに対するチャレンジングスピリッツを改めて感じました。 やっぱそうでなくちゃ!!

レースの主旨が、お客さんを喜ばせるだけに目が向いてしまってはダメだし、かと言って、ドリフトのパフォーマンスがいまいちでドライバー間の競争だけに目が向いてしまってはつまらない。

ん〜〜〜ドリフトの運営団体は難しそうです。


いったいいくら掛かってんだと突っ込みたくなるようなクルマ達ばかり。何百万というチューニングカーには間違いありません。
一度は乗ってみたいものです。




posted by 小山圭 at 23:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月30日

F1オーストラリア

 待ちに待った2009年F1GP開幕。

ブラウンGP、トヨタが台風の目と言われる中、やっぱりこの2チームが魅せてくれました。

コントロールがより難しくなるといわれる今年のF1。ポールtoウィンのジェンソンバトン、スタートを失敗したのにも関わらず2位まで追い上げたバリチェロ。そして、トヨタの追い上げ。


バトンが見せた表彰台でのあの喜びの笑顔はなんか凄く印象に残りました。喜び方や笑顔が凄くカッコいい!!
ここ数年のウィナーが表彰台で見せる姿より何か違ったオーラを発してたような・・・。


このまま、ブラウンGPがシーズンを引っ張っていくのか!?トヨタ初優勝あるのか!? 

マシンはちょっと見慣れるまで時間がかかりそうですが、面白くなりそうです。
posted by 小山圭 at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月29日

錆の強さ

 僕のミラがちょっと大変な状態になってしまってます。

タイヤの空気圧を調整しようと、バルブのキャップを取ろうとした時、

「んっ、取れない。回らない・・・。」


というのも、僕が使っていたキャップは、普通の黒いプラスチックのキャップではなく、メタリックブルーの鉄製のキャップ。

これは、以前チームのメカニックさんから貰ったもので、「チョイおしゃれ」的な感じで使ってました。


しかし、今、その代償がきたって感じです。


考えてみれば、ここ会津で雪道を走れば当然、道路は塩化カルシュウム地帯。 錆びるのも当然です。

ホントにホントに取れません。潤滑剤を塗ってもペンチを使っても。。。

このまま乗ってるしかないか!!
普通タイヤに履き替えようと考えたら雪は降るし・・・。


都会では桜が咲いたとか言っているのに、ここ会津は空から白い桜吹雪のような雪がチラチラ。 綺麗ではあるのですがね。








posted by 小山圭 at 04:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月28日

県民性

 県民性についていろいろ書いてあったので見てみました。

まず、最初に調べたのが会津の男性。

会津の男性は保守的で頑固なところがあるが、真面目で粘り強く責任感の強い性格。見栄っ張りな一面もある。 とのこと。


そして次に、いくつかの質問に答えて、本当の自分の県民性が分かるという ’’ウラ県民性テスト’’ があったのでやってみました。


そこで出た僕のウラ県民性は???

大阪府の男性!!  と判断されました。


大阪の男性は、とにかくお金に細かく、コストパフォーマンスにこだわるタイプ。物に価値があると判断すれば、金払いが良いのが特徴。気さくで、明るくて話し上手、バイタリティもある。新しいもの好きで、基本的には遊び人で目立ちたがり屋。情熱的だが、自己中心的で、図々しい一面も……。


という事でした。

確かに、レース以外の事にはお金は節約するし、コストパフォーマンスにこだわります。 しかし、レースに関する事で、もし、それが価値あるものと判断すれば ’’節約魂’’ はどこかへ行ってしまいます。

話し上手・遊び人ではありませんが、目立ちたがり屋。自己中!?

ん〜〜〜当たってるような当たってないような・・・。


そんな大阪府の人間に会う女性は、
我慢強く、のんびりしてるようで活動範囲が広い、思いやりや協調性がある世渡り上手な奈良県の女性らしいです。


そうなると奈良県の女性と結婚か!? いやいや・・・。




posted by 小山圭 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月27日

電話

 スポンサー活動で感じる事は電話の大切さ。

「スポンサーになってやるから会社に来い」というような夢のような電話はほぼありません。
ほとんどこっちから電話をかけてアポを取って、訪問というパターンです。

日によっては、何件にかけてもまったくアポが取れず、気づけば夕方。じゃぁ、夕方時間が空きそうな会社をリストから探してまた電話。。。
それも取れない。 そんな流れの日は悲しいです。

電話は営業の基本でしょうが、難しい。。。

だから電話がかかってくるという事に幸せを感じる今日この頃です。


ここまでアポが取れないと、「今に見てろよ!!電話がひっきりなしにかかってくる大忙しの人物になってやる!!」 という気持ちになります。

いつか、かかってくる電話の中に「今シーズンはお前でいく。明日テストだ。鈴鹿に来い」 みたいなものがあるように!!


日々全開でいくぜ====。
posted by 小山圭 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。