I Can Do It !!

2009年03月16日

小山 Tシャツ 完成

 小山圭 応援オリジナルTシャツ 完成




SA3C00110001.jpg

胸に僕の「ヘルメット」
そして、ブログタイトルでもある 「I Can Do It.」


後ろ

SA3C00130001.jpg

背中には、サポーターズクラブ「O-Kei'S」 のロゴマーク


なかなかイケテます!!

Tシャツは全部で3色。

黒・白・赤   各種S・M・L あり

一着2,000円


会津やお近くにお住まいの方

販売所
・サポーターズクラブ事務局  
(株)タケウチパーツ様内  にて販売しております。


県外など遠くにお住まいの方

Eメール oyama11kei@yahoo.co.jp までお問い合わせください。


このTシャツを着て、小山圭の更なる飛躍を応援してください!!
よろしくお願い致します。


posted by 小山圭 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

バージョンアップ

 僕のダイハツミラ、 ラジオとカセットテープがついているのですが、ここ数年接触不良。 ガムテープでそのポイントを修正して今まで持ちこたえてきました。

高速道などきれいな直線では何の問題もないのですが、少しでもバンピーな特に田舎道は、かなり音が途中で消えたり、消えなかったり。

どうしたらいいかな〜と思ってました。

しかし!! なんとオーディオを知り合いの方にいただきました。 ダイハツの純正ということなのですぐ付けられるとのこと。

ラッキーというか、 思考は実現するというか・・・。

というわけで、付けたいと思います。

クルマを買って約6年。年をおうごとにタイヤが13インチに上がったり、ワックスで水垢をとったり、ETCがついたり、オーディオがついたり、新しくなっていきます。

今や160000キロ。いろんなアクシデントがあり、いろんな方々に助けられ、いろいろな状況を一緒に乗り越えてきた戦友です。

乗ってて壊れる気がしません。
僕の長所の一つ、なんでも長持ちさせられる。

ということは、レースのタイヤやブレーキパットなどの消耗品のマネージメントが上手いということにつながるのか!?

僕は耐久レースに向いてたりして!?  ル・マンかな!?
posted by 小山圭 at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月14日

ETC

 決まりましたね〜「ETCどこまでいっても1000円」

そして、定額給付金12000円。

この二つを使って、旅行に行くならいったいどこまで行けるのでしょうか!?

もちろん車中泊ではなく、1泊2食付きくらいでちょっと安めの温泉宿。

ETC往復2000円。

宿泊代 約8000円

残り2000円・・・


ガソリン2000円分で約18リットル。僕のミラは、たぶん20km/ℓくらいは走ってくれると思うので、 掛けると

360キロ!!  とすると 片道180キロ圏内。


会津からだと東京方面で那須塩原とか宇都宮くらいまで。
青森方面で宮城県や山形県まででしょう!!

さて、給付金はいったいいつ貰えるのだろう???

レースや練習で12000円といったら一瞬で消えてしまいます・・・。
レースに関係のないことでここ最近12000円という買い物をしたのが思い出せないくらいの僕なので、なかったお金だと思えば、何に使うかワクワクです。


たぶん、またレース資金にいっちゃいそうですけど。



posted by 小山圭 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

ケケ・ロズベルグ

 セナのライバルシリーズ最後の4人目、ケケ・ロズベルグ。
最終回の今回は、彼について本で読んだことをお伝えします。

彼もまた、現役F1ドライバー、ロズベルグの父親です。


体も顔もごつく、剛毅勇猛の性格の彼は、剥き出しの闘争心でマシンとライバルをねじ伏せるタイプ。タイヤの摩耗が激しく、決して効率よくはないのですが、強引かつ力強い走りでファンを魅了したそうです。

そんな彼のF1の熱を奪ったのが、マシンの近代化だったらしいです。 

それまでのF1はマシン以上にドライバーの腕が第一でドライバーの腕だけで勝負が決まっていた時代。
ドライバーがマシンを操り、テクニックと勇気を最大限に発揮して勝利をつかむという時代から、マシン性能、コンピュータといった最先端技術の時代に徐々に変わっていくのに耐えられなかったみたいです。

セナは、相手とレースで接触しても当たり強く、相手がリタイヤするほどダメージをおってもセナは軽傷。六分四分くらいで勝っていたらしいです。

しかし、ケケとぶつかった時は、セナがリタイヤに追い込まれるほど。
セナが唯一当たり負けしたドライバーだったらしいです。

ヘビースモーカーだったらしく、アスリートというよりは海賊って感じです。 今の時代じゃ考えられません。


そんなこんなで、セナのライバルシリーズ最終回でした。

レーシングドライバーに正解はないってことことですね!!
人がこうだから、まわりがこうだから、こうしなきゃいけないと意識するのは間違い。自分の思った通りにやれってことでしょうかね!?




posted by 小山圭 at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月12日

ネルソン・ピケ

 セナのライバル3人目、ネルソン・ピケについてです。

現役F1ドライバーのピケJr.の父親でもある彼の性格もこれまた個性的というか・・・

セナと同じブラジル出身のピケ。 セナがF1デビューした当時は、断然、母国の人達はピケを熱狂的に応援していたらしいです。

しかし、ブラジル人が求めるのは ”誰よりも速く走る男” 。戦闘力の欠けるマシンで好成績を出し続けるセナにどんどん魅かれていったみたいです。 いつのまにか人気も逆転。。。

ピケは ’’自由人’’ とよく呼ばれています。
当時、複数の愛人を持っていたり、豪華ヨットで暮らしたり。。。日本でそんなことやっていたらすぐさまフライデーでしょう!! 文化の違いというか何というか・・・。

セナに対して「あいつはホモなんじゃないのか」とジョークを言ったみたり。 なんかF1という極限状態の中でも楽しんでレース生活を送っているのを感じます。

4位に入りさえすればチャンピオン獲得となれば、周回遅れのマシンに抜かれようともマイペース。「4位になればいいんでしょ」と言う考えの持ち主。 しかし、走りはセナに引けを取らないテクニックとセンスを持っていたそうです。

もし、大きな壁にぶち当たった場合、

セナは、自分を向上させることによってクリアーしようとする人。

プロストは、自分のまわりの社会や環境を変えてクリアーしようとする人。

ピケは、世の中は、常に問題があるものだとして、その中で喜びを見つけていこうとする人。

らしいです。


この3つで言ったら僕はセナタイプでしょうか。というか、今のカテゴリーでプロストやピケの考え方だったらヤバいでしょう!! 
ん〜〜世界は広い!!
posted by 小山圭 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。