I Can Do It !!

2009年03月11日

内職

 サポーターの方々へ郵送するレースレポートの仕事をしてました。

レポート送付がレース終了から1週間以上経ってしまいました。遅れてしまい申し訳ありません。

というのも、そのレポートを送る方々一人一人に対して、手書きで一言一言付け加えていました。

もちろん一人のサポーターの方に対して一言で終わるわけがなく、二言、三言とつながってしまいます。

その数○○○通。

気づけば、かなりの大作業となってしいました。


休憩を取ったり、途中で寝てしまったりで、全部終えるのにいったい計何十時間費やしただろう???

漢字も覚えられたし、字も少しは上手くなったし。。。いいか!!

日頃お世話になっている方々ですからね、気持ちを込めて書きました。思い伝わるかな!?

さすがに書き過ぎて目が疲れました。100円ショップで買ったブルーベリーサプリメントを気休めに飲もう!!効くのかな???

「あ〜〜もっと国語を勉強しておけばよかった」と思う今日この頃です。




posted by 小山圭 at 23:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月10日

アラン・プロスト

 セナのライバル2人目、アランプロストの記事です。

F1の黄金期を支えた「セナプロ」。そのころ僕はまったくテレビでF1というものを見ていなかったので語ることがで見ませんが、ゴールデンタイムで放送していたくらいですからかなりの人気があったと思います。

プロストは、ドライビング的には、セナやマンセルのように鋭さには欠けますが、正確で無駄のない走り。とよく言われます。
しかも、慎重で、一気に勝負を欠けるということはほとんどしなかったようです。常に一歩待ちながら前のクルマの隙をうかがうという気の長さ。そして、ここぞという時は、すべてを出し切っての集中力のある走り。

待つべき時は、徹底して待ち、攻める時は徹底して攻め、順調な時も油断せず、逆境にも望みを捨てず全力を尽くすことができるドライバーだったらしいです。高い自己コントロール能力を持っていたのがプロストの特徴とのことでした。

前回のナイジェルマンセルとはまったくの別人のような・・・。

「速さと強さは違う」という言葉が彼の強み。


ん〜〜〜、昔は個性的なドライバーだらけだったんですね〜。今のF1は個性的なドライバーに欠けるとよく言われますが、昔が個性的過ぎていたかも。(笑)  
そりゃ〜ゴールデンタイムで放送しちゃうわけだ!!

F1ドライバーは
NO.1にならなくてはいけないし、もっともっと特別なオンリー1にならなくてはダメのようですね ♬♬♬・・・

僕の個性って何だろう???
posted by 小山圭 at 23:18| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月09日

ナイジェルマンセル

 アイルトン・セナの本を読んでいます。

セナを育てた4人のライバルという項目があり、ここに書かれていた一人のライバルがナイジェルマンセル。

僕自身、彼の走りを実際にみたことがないので、何ともいえませんが本にはこんなことが書いてありました。

闘志やドライビング技術においては凄くても、メンタルは常人に近いものがあり、親近感がわきやすいと。
考えてもどうしようもないことを考えたり、うまくいかないと自分のせいなのに人のせいにしたり、うまくいった時は有頂天になったり、どこかで人間らしさを感じた とこの本の作者は語ってました。

瞬間的な速さはセナやプロストを超えるものがあったと。
マンセルは、マシンの性能を100パーセント引き出せるドライバー。しかし、常に100パーセントの性能を出し切っていたら、最先端のF1マシンでも何千点の部品でできているわけですから、弱点だってあるはず。壊れる確率も高くなります。

だからマンセルが勝てる時は、マシンが100点の性能を持ち、その性能で走り続けても壊れず、百点のドライビングができたときに限られる。 ツボにはまれば大ホームラン、ちょっとずれるとまったくダメ。  そんなドライバーらしいです。

アベレージヒッターにはなれないナイジェルマンセル。。。
なんか魅力的です。

次は誰かな〜〜〜。本を読んだらご紹介します。


posted by 小山圭 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

コミュミケーション

 先日、ある講演会に出席し、「ビジネスで成功するには」みたいなタイトルの講演会を聴きました。


当然の事ながら、人とうまく付き合うには、
・親切、喜びを与える事ができる
・心のコミュニケーション

が大事であると最初に言われ、当たり前のような事ですが、改めて考えさせられました。

また、人と会う時は、自分の心が、平安で親切の心で満たされているかどうかで気持ちの伝わり方が変わってくる。とのこと
 
=心の余裕ということなのでしょうか?

スポンサー活動においても大切なことです。どうしたら喜んでもらえるか、どうしたら人に恵みを与えることができるのか、を考える。

まあ、人のことを考え過ぎてばっかりで自分の目指す道から外れてはダメですが・・・。


ミスや失敗した時は、お客様をつかむチャンス!!
とも教えられ、弁解しないで素直に謝ることが大切。。。弁解ばかりしている政治家が、チラッと頭によぎりました。
だから、国民の心がつかめないのか・・・・。


ほんの少し賢くなったような日でした。
レース活動に活かそう!!


posted by 小山圭 at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月07日

反省

 先日の開幕戦。あのような結果に終わってしまい、期待してくださった皆様には本当に申し訳なく思います。

というわけで、反省の意味を込めて、 頭を丸めました。

こんなことをして終わったレースが帰ってくるわけでもありませんが・・・。

気合いを入れ直します。


久しぶりの坊主に、懐かしさを感じます。
さすがに、五分刈りや1ミリまでする勇気はなかったので、6ミリ坊主で勘弁してください。

あ〜早く伸びないかな〜〜〜。

なんかヘルメットかぶってるみたい・・・。


posted by 小山圭 at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。