I Can Do It !!

2009年06月26日

整体

 整体を体験する機会をいただき、やってきました。

あるサポーターの方に「ほぐし屋本舗」様http://hogushiyahonpo.rakurakuhp.net/
というところを紹介していただき、全身リラックスソフト整体というものを体験してきました。

うつ伏せに横たわり、先生が頭から腰、背中、足などのツボを押しつつ全身の筋肉をほぐすようなコースです。

「二人に一人は寝てしまうよ」と言われ、どんなものか?と楽しみに横たわります。 「絶対、寝ない!!」と心に誓いながら・・・。

と、あっという間に終わってしまいました。寝てたのか寝てないのか微妙な感じです。意識はちゃんとあったような気もするのですが、どうでしょう???


先生が言うには、ツボというものは電車に例えると駅みたいなもので、神経が路線。 ツボを刺激することで神経の伝達が良くなるんだとか。

じゃぁ、先生は駅長か!? とつっこみたいところです。(笑)

背中のツボを押され、くすぐったかったですけど我慢!!本当に我慢してました。


体で車の挙動を感じるポイントは、人それぞれ違うと思いますが、腰とかお尻とかその周辺という人が多いです。僕もその周辺です。

ということは、このツボの刺激によって神経が敏感になったということ。ということはより早く物事に反応できるということです。

この成果は次のレースでどう生きてくるのか楽しみです。


ちなみに、僕は腰痛になりやすい体質らしいです。人間25歳をピークに筋肉は落ちてくるみたいで、ここ1、2年も引き続きトレーニングするのが将来のためになるよとアドバイスいただきました。

どうもありがとうございました。







posted by 小山圭 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

オヤマこけし

 僕の家には、こんなものが飾ってあります。

SA3C0090.jpg

SA3C0091.jpg


オヤマこけし君です!!

なかなかイケテます!! ヘルメットのデザインがそのままコケシに!!

大量に作りたいところですが、一体しかまだ存在していません。。。

ちょうど、これが飾ってあるところは、家で僕がいつも座るところから見えるところに飾ってあります。

毎日のように、この白い目で睨みつけられ、「日本一」の文字が僕を刺激してくれます。

一応、体はレーシングスーツを着てます。手もあります!!

初公開の一品でした。


第2弾は、F1マシンのプラモデルを僕のF4マシンのデザインにしよう大作戦を考案中です。
しかし、これはかなり先の話になりそうです・・・。
昔、作ったプラモデルを引っ張り出して、ミニミニステッカーも作らなければなりませんからね、 たぶんやりません・・・ごめんなさい。。。

posted by 小山圭 at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

交通手段

 次戦F4第三戦がおこなわれる岡山国際サーキットまでの交通手段をご紹介したいと思います。

会津から岡山国際サーキットを例に紹介したいと思います。

〈車の場合〉

会津若松ー備前(岡山国際サーキット最寄りIC) 距離810キロ
ETC土日割引で2,500円!! ETCなし普通車の場合16000円

備前ICー岡山サーキット 一般道で30分

ハイブリットカーでリッター当たり35キロも走る車であればガソリン約24リッター。
ガソリン1リッター121円 × 24リッター = 2901円

つまり、5000円〜6000円で行くことが可能です。


〈高速バスの場合〉

会津若松を土曜日出発の場合
会津若松ー東京 サクラ交通様利用 2500円

東京ー岡山駅 いろいろなバスがあります6000円〜10000円ぐらい

岡山駅ー吉永駅(電車利用) 570円

吉永駅ー岡山国際サーキット タクシー利用 約4000円(この前、タクシーの運チャンに聞いてみました)

着くのは朝方なので余裕で予選から決勝レースまで観戦できます。

すると合計約13000円ぐらい。


と、こんな感じです。
ぜひ、応援に来てください!!

サクラ交通様に、「もし、バスツアーをやるなら」と聞いてみると・・・(鈴鹿サーキットでの場合)

会津発バスツアー!?
土曜の夜出発(寝てもいいし、宴会してもいいし) ー 日曜朝方サーキット着 ー レース観戦もしくは鈴鹿サーキットの遊園地でエンジョイ ー 日曜日夕方出発 ー 日曜日の夜中会津着 ー 月曜日の仕事に間に合う!!
 
この強行バスツアーも可能とのことです。。。  

どうでしょう???


posted by 小山圭 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

限界の向こう

 アイルトンセナはこんなことを言ってました。

「肉体的、精神的な限界の向こうに何があり得るかを見つめることも必要なんだ。多くの経験を積むことによって、容易に限界に近づくことはできる。肉体的な限界、ドライブするマシンの限界に。。。この限界付近にいるとき、人はその向こうに知られざる領域が存在するのを発見する。この領域を上手く使うことが必要なんだ。ぼくはこの領域に到達できると確信している。 そして、精神だけがこの領域を訪れることを可能にしてくれる。」


限界を常に攻め続けるセナの姿勢が分かることばです。

セナはこの領域を”素晴らしい王国”と表現してました。(日本語訳からの情報なので実際にはなんと言っていたか分かりませんが・・・)


僕は、先日のレースの予選でNEWタイヤを履いてこの”素晴らしい王国”に足を踏み入れることはできませんでした。タイヤの限界に到達できませんでした。

よし、第3戦はこの”王国”とはどのような世界なのか 感じてこよう!!


さて、荷造りだ!!

posted by 小山圭 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

高校生と

本日は、会津若松のとある高校に行ってきました。

なぜかと言うと、進路を決定する大事な時期の3年生に僕のやっていることや体験談、レースの話をする機会をいただいたからです。

他にも企業の社長さんや議員の方など、その道で成功している方々が講師として進路について講演する中、なぜか僕も講師!?として混ざることになりました。

もちろん、僕はまだレースの道で成功しているわけではないので偉そうなことは言えません。僕の考え方や体験談を話すことによって進路決定のためにはならないかもしれないけど何かのきっかけになってくれれば、それほど嬉しいことはないな〜と思いつつやってきました。

高校の時の話や三者面談の時、レースを始めたきっかけ、レースを始めてからの話、アルバイトでレースの資金を賄っていた時の話、スポンサー活動の話、僕の考えや思いなどなど様々な話をしてきました。

というか、それぐらいしか今の僕には話せません。「こうすれば上手くいくよ」とか「成功するにはこうするんだよ」と教えられる立場じゃないし、というか分からないし・・・。 逆にそういう話があるなら僕が聞きたいし・・・。


いい話はできませんが、ありのままの自分を話してきたという感じです。

終わってから、一人の生徒に「とてもためになりました、ありがとうございました」と言われ、50分間の話を2セットやった直後の疲れを吹っ飛ばす言葉をかけられ「よかった〜」と一安心してました。

今回、このような機会をくださった関係者の皆様、僕の話を聞くのを選んでくれた生徒の皆さんありがとうございました。

話べたの僕にとっていい経験でした☆☆☆

posted by 小山圭 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。